むすばれる

  • 2013.07.18 Thursday
  • 20:58

みなさまこんばんは!
実行委員会のオギーです。
Twitterは、最近デビューいたしまして、(オ)でたまーに呟いております。
こちらのブログでははじめましてです。どうぞよろしくお願いします!(^O^)

さて。
このブログを実行委員でリレー式に書くことになってから、何を書こうかとずっと悩んでいたんですが…、

よりによって何もネタがないときにまわってきてしまいました。笑

ただでさえ文才も文章力もなく
みなさんみたいに、素敵な再会があったり、顔を覚えてもらえるほど歩きまわっていたり、長岡京市民でもなければ、スーパーナチュラルハイテンションスタッフゥでもないわけです…。

まぁ、3年目ですからね、まだまだこれからです(^^)
(文才に関しては20年以上これなので、仕方ありません…。)

そうそう。
わたくし今年でまだ3年目なんです。実行委員としては1年生でございます。

なぜか、初年度からベテランスタッフと勘違いされる事が多々ありましたが、3年目になり、ようやく中堅といったところでしょうか。

というわけで、私がスタッフになったキッカケのお話をします。
しばしおつきあいくださいませ…

私がソングラインに関わらせてもらう事になったのは、一昨年の8月(くらい。多分…)。

実は自発的に応募したのではなく、スタッフをしていた友人に誘われた事がキッカケでした。
それまでは、長岡京ソングラインというイベントの存在も殆ど知らず、こういったイベントに行ったことも、スタッフもしたこともありませんでした。
前回のログで、てるさんも書いていますが、こういったスタッフの方は、“だけじゃない”方や、スタッフではなくてもいろんなイベントに行っていたりする方が多いので、私みたいなのはかなり少数派なのです。

お誘いを受けたときは人手が不足していると聞いて、じゃあやってみようかなー。と、ふわっとした気持ちでのスタートでした。
やるとは決めたものの、心配なこともありました。

広いとは言えないコミュニティの中で、既に出来上がった輪に、新参者の(しかもふわっとした)私なんかが入っていけるんだろうか…。と、転校生のような不安感に苛まれていました。

自分が人見知りだということもあり、それはそれは不安でした。
(…え、見えない?いやいや、私は人見知りですよ。^^←)

しかしそんな心配は、思い過ごしでした。
ふわっとしていた気持ちも、何度も集まりに参加するうちにいつのまにか、やるからには“スタッフであること”を楽しもう!と思うようになりました。

今考えると、
音楽、好き!
お祭り、好き!
ものづくり、好き!
そんな私にとっては、出会うべくして出会ったと言っても過言では………あるかもしれませんが…(笑)、
“縁”というものはとても感じています。

チカコさんの言う通りです。
私のキッカケは、お誘いでしたが、それも縁です。(^^)
ソングラインとの縁があったおかげで、いろいろな方とも出会えました。

もし、スタッフしてみてもいいかな、どうしようかな、と迷っているひとがいるならば是非やってみて欲しいなと思います。

そう、あなた!迷っている、そこのあなたです。

あなたの力が、必要なのです!

☆ボラスタ募集動画はこちら☆

…っと、全力でスタッフ募集の宣伝になってしまいましたが、

ご協力してくださるたくさんの方々、
ご来場してくださる方はもちろん、
行ったことはないけれどソングラインという存在は知っているという方も、
既に縁は結ばれていると思うのです。

でも今よりひとりでも多くの人が、ソングラインとの縁で結ばれたらいいなぁと思います。(^ω^)

うーん長い!おわり!

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM